切開法について

切開法

切開法

まぶたが腫れぼったい方は、糸でとめるだけの手術では二重になりにくく、また二重になったとしても、無理に食い込んだ感じでよけいに腫れぼったくなってしまい、できた二重も長持ちしません。
このような場合は、切開法の二重手術が良い適応になります。
まぶたの腫れぼったさは皮膚の下にある脂肪(中間脂肪)や眼球の周りにある脂肪(眼窩脂肪)などのほかに、皮膚のたるみなどが原因となります。

切開法ではこれらの脂肪やたるみを切除してしまうことにより、元々二重の人のまぶたの構造に近い状態に仕上げます。
ですから、腫れぼったい人に対しては、糸でとめる手術よりも、より自然で違和感のないラインとなります。

また、糸で留める手術よりも広い二重を作ることが可能で、はっきりとした大きな二重が希望の場合も切開法は良い手術です。


全切開法
手術・治療時間について

手術にかかる時間は1時間~1時間30分くらいです。
入院の必要はありませんが、5日~1週間で抜糸を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら
ページトップ
ご予約・ご相談はお気軽に0120-706-902			メールでのお問い合わせご相談はこちらから

クリニック情報

アーティスクリニック西宮本院 〒662-0912
兵庫県西宮市松原町4-1
西宮ステーション6F
JR神戸線西宮駅前

アーティスクリニック博多院 〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-2-18
Mビル4号館7F
JR博多駅徒歩5分

ご予約・ご相談はお気軽に0120-706-902
メールでのお問い合わせご相談はこちらから

クリニック情報

アーティスクリニック西宮本院 〒662-0912
兵庫県西宮市松原町4-1
西宮ステーション6F
JR神戸線西宮駅前

アーティスクリニック博多院 〒812-0016
福岡県福岡市博多区博多駅南1-2-18
Mビル4号館7F
JR博多駅徒歩5分

メニューを閉じる